痔END
お問い合わせリンク痔END

痔の薬

テレビのCMでは、時間帯を選ばず痔の治療薬の宣伝が放映されています。これは多くの人が痔に悩まされている証左であるとも言えます。しかし、CMだけではどのような成分がどんな効果を持っているのかが判りにくいものです。ここでは、痔の薬の主な種類や新しい痔の治療法を紹介していきます。

痔の薬

テレビのCMでは、時間帯を選ばず痔の治療薬の宣伝が放映されています。これは多くの人が痔に悩まされている証左であるとも言えます。しかし、CMだけではどのような成分がどんな効果を持っているのかが判りにくいものです。ここでは、痔の薬の主な種類や新しい痔の治療法を紹介していきます。

痔薬を知ろう!

痔の薬は風邪薬や頭痛薬とならんで、テレビで宣伝される機会が多い薬といえます。日本人の三人に一人が痔主であるという統計を引くまでも無く、痔に悩んでいる人は多いということの表れといえます。

薬の種類

痔の治療に使われる薬は、基本的に形状と有効成分で分類されます。

坐薬

痔の薬として認識されているのが肛門から入れる坐薬ではないでしょうか。坐薬は、腸の粘膜から吸収されるため消化器の負担が少なく即効性があるという利点を持っています。痔の治療で使われる坐薬には患部の炎症を鎮める効果のあるものや、傷ついた患部の修復を促進する効果があるものが多く見られます。

軟膏

軟膏は、坐薬と並んで痔の薬の中核を担ってきた薬の形態です。しかし、「塗布の際に指が汚れる」ことから坐薬よりも敬遠されてきたという実情がありました。近年人気が高まってきているのは、「注入軟膏」と呼ばれるプラスチック製のチューブに封入された軟膏です。「内部の痔に指を汚さず塗布できて、外側の痔にも対応できる」「持ち運びしやすい」などの利点がヒットの決め手となっているようです。

飲み薬

痔の治療に使用されている飲み薬は、便通を改善したり痛みや炎症を緩和したりすることが目的の薬です。つまり、「痔の周辺症状に効く薬」であって「痔そのものを治療する薬」ではないのです。しかし、長期化することの多い痔の治療では有効に活用できる薬であることには変わりありません。

ステロイド剤

ステロイド剤は、副腎皮質ホルモンであるステロイドを有効成分として含有している薬です。ステロイドは炎症を鎮める効果が高いのですが、長期使用していると副作用が出るケースがあるため、慎重に選ぶ必要があります。切れ痔では、ステロイドが傷の治りを悪くする作用があるため使用できません。

非ステロイド剤

非ステロイド剤は、ステロイドを一切含有していない薬です。ステロイド剤と非ステロイド剤は、使用者の体質に合わせて使われます。

痔の種類に合わせた選択

いぼ痔・切れ痔の治療の主流は薬物療法となっています。軽度の痔であれば飲み薬で症状を緩和させて自然治癒を促していくのが基本になります。症状が進行していたら、軟膏や坐薬を使用して改善を図っていきます。

新しい痔の治療薬

痔の薬は、薬局や病院で処方されているものだけではありません。病院などの医療機関で、医療資格者だけしか取り扱えない薬も存在しています。しかし、そういった薬は条件が厳しいだけに劇的な効果を持っています。

ジオン注射

新しい痔の治療法として脚光を浴びているのが、ジオン注射です。ジオン注射は中国で開発された治療法を応用したもので、ミョウバンと同じ硫酸アルミニウムカリウムを主成分としています。ジオン注射は、いぼ痔にのみ行われる治療法ですが脱肛まで進行したいぼ痔を手術なしで完治できる上に日帰り施術で済ませられるという優れたメリットを持っています。

ボトックス注射

皺取り美容で注目されているボトックス注射は、切れ痔の治療にも応用できます。ボトックスは、ボツリヌス菌が生成する物質を医療用に精製したもので元々持っている人体への危険性は低くなっています。ボトックスには筋肉を弛緩させる効果があり、切れ痔の慢性化で硬くなった患部に皮下注射することで症状を改善させます。痔の治療目的でのボトックス注射は、まだ日本では保険治療として認可されていないため治療費が高額になるのが欠点であるといえます。

痔
<a href="http://ji-end.net/" target="_blank"><img src="http://ji-end.net/img/banner.gif" alt="痔" width="88" height="31" border="0"></a>

痔END

<a href="http://ji-end.net/" target="_blank">痔END</a>

広告掲載