痔END
お問い合わせリンク痔END

痔ろう

痔ろうは、痔の中でも最も危険な痔であると断言できるほど大変な症状を持っています。
絶対に自然治癒しない上に、軟膏などの薬では治せないという「痔ろう」は一体どのような痔なのでしょうか?痔ろうの症状や原因、悪化した場合などの情報を解説していきます。

痔ろうとは何か

痔ろうは別名「穴痔」「蓮痔」といい、その名の通り蓮の花のように肛門やお尻に穴が開いてしまう痔のことです。痔ろうで出来る穴は、肛門の内側と臀部を繋ぐトンネルのようになるのが特徴です。痔ろうは、いぼ痔・切れ痔と違って男性の方がなりやすい性質を持っています。

症状

痔ろうの主な症状としては、「肛門や臀部から膿が出る」ようになることです。膿の放出が続くため、下着やズボンなどが汚れてしまうこともあります。発熱を伴い、痔ろうが続くと膿が自然に放出されるようになっていきます。また、他の痔と違って排便の有無に関わらず激痛を伴うのも、痔ろうの特徴の一つです。

原因

膿は傷口から身体の中に侵入した細菌と戦った白血球などの、免疫機構が働いた名残です。本来、免疫が働いた後は傷口が血小板によってふさがれて瘡蓋になり傷口の治癒が行われますが、肛門は常に細菌を含む便を通すため逆に傷口が化膿してしまうのです。このような肛門部の化膿した傷を「肛門周囲膿瘍」といいます。この肛門周囲膿瘍の膿が放出されることによって痔ろうが作られていくのです。肛門周囲潰瘍の原因になるのは、「切れ痔やいぼ痔の悪化」の他に、直腸と肛門の境目にある肛門腺に便が入り込んだ場合があります。下痢をしている時にいきむと、便が肛門腺に入り込みやすくなることがわかっています。

悪化すると

痔ろうを放置しておくと、どんどん症状が悪化して化膿が肛門の外にも出てきます。膿が出れば出るほど、痔ろうはどんどん進行して肛門の外側と内側を繋ぐトンネルを開通させてしまいます。このトンネル状に進行した痔ろうは更に悪化を続け、アリの巣状に枝分かれする「複雑痔ろう」へと発達していきます。複雑痔ろうまで症状が進行すると、人工肛門形成手術を行わなければならなくなる場合があります。また、痔ろうは放置しておくと大腸がんの原因にもなります。

痔ろうの治療

痔ろうは、いぼ痔や切れ痔と違って軟膏剤などの薬で治ることはありません。また、自然治癒する可能性もほとんどなく、外科手術でしか治療できません。

手術方針

基本的に、痔ろうのための手術は「膿を出すための切開手術」「穴を取り除く切除手術」が行われます。古代に行われていた痔ろうの手術が「患部に焼いた火箸を指して患部を焼き、薬草で詰め物をする」という聞くだけで怖気が走るものなので、現代医学の発達に感謝したいところです。

手術方法

痔ろうの手術は、トンネルが通ってしまった括約筋を取り除く「切開法」と括約筋を傷つけないようにトンネルを取り除く「括約筋温存法」の二種類があります。切開法はトンネルになってしまっている痔ろうを根こそぎ取り除くため再発する可能性はかなり低いものの、切った括約筋の筋力が低下するため便漏れが起こりやすくなります。括約筋温存法は出来るだけ括約筋を維持するようにして痔ろうを取り除くため、便漏れが無いという利点がありますが、痔ろうを再発する可能性が約15%もあるという弱点を抱えています。

痔
<a href="http://ji-end.net/" target="_blank"><img src="http://ji-end.net/img/banner.gif" alt="痔" width="88" height="31" border="0"></a>

痔END

<a href="http://ji-end.net/" target="_blank">痔END</a>

広告掲載