痔END
お問い合わせリンク痔END

切れ痔

いわゆる切れ痔は、「誰にでも起こりうる可能性」という点ではいぼ痔に匹敵する痔であるといえます。しかし、切れ痔はいぼ痔に比べれば程度が軽いということもあり深刻に捉えられることが少ないのもまた事実です。切れ痔はどのような症状を伴い、放置しておけばどのような発展を見せるのかについて解説していきます。

切れ痔を知る

切れ痔は、硬い便によって肛門が傷つけられて出来た裂傷のことです。いぼ痔と違って、肛門の外に発生することが無く目視しづらいという性質があるためか、日本の痔主の内で切れ痔持ちが占める割合は約30%、いぼ痔のちょうど半分程度というデータがあります。

症状

「裂肛」とも呼ばれる切れ痔の症状は、肛門に裂傷が出来ることで発生する出血と痛みが主なものです。ただし、この出血や痛みはいぼ痔のそれよりも弱いもので、排便時に出血や痛みを伴います。しかし、排便時以外のときは痛みよりもむず痒さを感じることが多く、お尻を掻きたくなることがしばしばあります。

原因

切れ痔の原因となっているのは、硬くなった大便です。通常の大便は、ある程度の水分を含んでいるため柔らかいのですが、便の水分が失われるとガチガチに硬くなってしまいます。このように便の水分が失われやすくなるのは便秘を起こしている時で、無理して排便をしようとすることで痔を引き起こすのです。また、魚の骨などの異物が消化されないまま便に残ったことで、切れ痔を起こしたというケースもあります。

悪化すると

切れ痔が悪化すると、さまざまな合併症を引き起こします。切れ痔によって傷つけられた肛門括約筋が痙攣しやすくなって、「肛門狭窄」という肛門が狭くなる症状を起こし便秘になりやすくなり、硬い便が出やすくなるという悪循環を起こすことがあります。また、切れ痔が慢性化すると裂傷した部分が潰瘍化して、切れ痔の周辺や、肛門の外側に「見張りイボ」と呼ばれる「肛門ポリープ」が出来ることがあります。場合によっては、裂傷に便が入り込んで化膿を起こし痔ろうに発展する場合があります。

切れ痔への対処法

切れ痔は、痔の中でも軽度の症状を持っていますが対処を誤ると手の付けられない事態に発展する可能性をもった、厄介な痔であるといえます。基本的に切れ痔は自然治癒することがあるものの、排便のたびに悪化する可能性があることには変わりません。

予防法

切れ痔を予防するには、便秘になりにくい生活を心がけるのが大事であるといえます。硬い便を防止するためには、水分や食物繊維を充分に摂取することが不可欠です。また、便秘で硬い便が出ることが多くなったら便を柔らかくする効果のある薬を服用することで、切れ痔を防止することが出来ます。しかし、切れ痔にならないためには便秘にならないことが最善の方法であることには変わりありません。

治療法

切れ痔の治療は、裂傷を治す為の軟膏剤の塗布が基本になります。しかし、肛門狭窄を起こしている場合は、美容整形などでも用いられるボトックス注射で筋肉を弛緩させたり括約筋を一部切開したりする必要があります。肛門ポリープが出来ている場合は、ポリープを切除した上で裂傷の治療を行います。

痔
<a href="http://ji-end.net/" target="_blank"><img src="http://ji-end.net/img/banner.gif" alt="痔" width="88" height="31" border="0"></a>

痔END

<a href="http://ji-end.net/" target="_blank">痔END</a>

広告掲載